多数の企業が使用

パソコンの便利さはUSBが登場してから飛躍的に上がりました。 ここでいうUSBとは、USBメモリではなく規格の方の事です。 しかしその規格の名前を喰ってしまうほど、USBメモリの普及には目覚ましいものがあります。 ですが便利なのもある意味困りモノです。 何故ならUSBメモリは小さくアクセス速度も十分にあります。 これを使えばちょっとした隙にデータを盗難することも可能になってしまいました。 自衛隊の動画が流出したときにデータの持ち出しに使われたのもUSBメモリと言うことでした。 そういった現状を踏まえ、企業ではセキュリティの為にUSBメモリの使用を制限している所もあります。 便利な道具はその問題点も正しく認識する必要があるのです。

USBメモリの利点は何よりもその取り扱いのしやすさです。 接続も簡単なら持ち運びも容易で、今までのメディアとは一線を画しています。 ですが、例えばCDならケースに入れて割れたり曲がったりしないように取り扱うのに比べて、USBメモリはその中身の重要性と比べると手軽く扱え過ぎてしまいます。 小さい事は便利さの代わりに、紛失や盗難の可能性も高めてセキュリティの低下を招いてしまいました。 問題なのは、取り扱うデータの重要性です。 大事なものを入れるカバンには丈夫なケースを使うように、大事なデータを入れるにはそれなりのものが必要と言うことです。 そのため最近ではセキュリティUSBと呼ばれるものが普及してきています。 これは今までのUSBメモリと比べると、パスワード設定や暗号化が可能になった、まさにセキュリティを強化したUSBメモリです。 これからはこうしたUSBメモリが主流になることでしょう。