キーボードとマウス

紛失時にも安心

USBメモリは大容量のデータを保管できる機能性もあるため、一般的にも広く使用されています。しかしセキュリティ面で脆弱な面もあるため、他人にデータが見られないセキュリティ機能がついたUSBが人気となっています。

Read More

多数の企業が使用

パソコンを便利に利用するために欠かせないUSBですが、データの盗難による問題はまだまだ懸念材料となっています。そのため、多くの企業ではセキュリティ対策がされた特別なセキュリティUSBを使用しているのです。

Read More

家電量販店で買える

USBメモリを使用することで、パソコンで行った作業のデータを保管することができます。しかし紛失しやすいという面があるため、家電量販店ではセキュリティUSBと言われるセキュリティロックが掛けられるUSBが売られています。

Read More

バックアップの必要性

パソコンにある大事なデータを保管する上で、必要となるのがHDDです。しかし、HDDによる不具合が発生した場合、中のデータも消えてしまう恐れがあるため、定期的にバックアップを取る必要があるでしょう。

Read More

データを保管する物

職場などで誰かにデータを渡す際、最も手軽なのはUSBメモリです。 他にデータを移動するためのアイテムとしてはフロッピーや外付けハードディスクなどがありますが、フロッピーは最近では廃れてきていますし、外付けハードディスクは容量もサイズも少々大きめです。未だに、データの移動となればやはりUSBメモリということとなるでしょう。 こういった外部の保存装置としては、パソコン初期の頃はカセットテープが主流でした。それが次第にフロッピーへと変化して行きました。カセットテープはアナログとして記録したデータを逆変換をかけてデータとして読み込みます。そのため、エラーが発生することが多々ありました。そういったトラブルの少ないフロッピーへと主流が移っていったのです。そしてそののち、CD-ROMやCD-RWなどが出てきました。そして更に後、CDよりも更に持ち運びのし易いUSBメモリが主流となったのです。

外部保存装置は他のパソコンなどとデータの交換をする際に便利ですが、しかし、同時に問題があります。接続した先のパソコンがウイルスに感染していた場合です。この場合、相手のパソコンからウイルスが入り込み、情報漏洩などへとつながってしまう事があります。 こういったウイルスや情報漏洩を防ぐためのUSBが、セキュリティUSBです。セキュリティUSBは、ウイルス対策のものとしてはウイルスチェック機能がついていたり、データ漏洩対策のものにはデータの暗号化機能が付属したりしています。 強制暗号化機能がついているタイプのセキュリティUSBならば、もし漏洩したとしても暗号化してあるために中身がわかってしまうことはありません。 現代日本において、重要データの取り扱いをする際は、ぜひセキュリティUSBの利用をしたいものです。